零戦プラモデル - プラモデルならJANBOOの通販ショッピング

【PR】プラモデルはじめるなら、工具と塗料がセットになった週末模型セットがおすすめ!

HOME > 零戦プラモデル

零戦プラモデル

零戦プラモデル

中国戦線での初陣から太平洋戦争終結まで、日本海軍の主力戦闘機として戦い続けた零戦。局地戦闘機として少数が運用された一一型に続き、初の本格的な量産型として空母機動部隊を中心に配備されたのが二一型や大戦後半、高速重武装のアメリカ軍戦闘機に対抗するため二二型に続いて登場したのが五二型のプラモデルのご紹介です!

両主翼の20mm機銃外側に13mm機銃を追加した52型丙

re_zerosen_001.jpg

三菱 零戦 52型丙について

緒戦の快進撃を続けた零戦21型も昭和18年になると、次々と登場するアメリカ陸海軍の新鋭戦闘機に対して速度、火力の面で劣るようになりました。そこで32型、22型に続いて開発されたのが52型で、主翼幅を21型、22型の12mから11mと短くし、カウリングを再設計して推力式単排気管を装備するなど速度の向上をはかり、この結果最大速度は 565km/hと22型より約24km/hの優速となりました。また、翼内の20mm機銃をベルト給弾式の99式2号4型20mm機銃に換え、急降下制限速度を上げるため主翼外板を厚くした52型甲が生産されましたが、海軍の要求はさらに続き、機首部分の7.7mm機銃の右側を13mm機銃に強化した52 型乙、乙型の両主翼の20mm機銃外側に13mm機銃を追加した52型丙と、52型シリーズは中島と三菱で約6,000機が生産され、太平洋戦争が終わるまで戦い続けました。

模型完成サイズ

L:276mm W:334mm パーツ点数 97 pcs

主要諸元

《データ》零戦52型丙 乗員:1名、全幅:11.00m、全長:9.121m、全高:3.57m、主翼面積:21.3m2、自重:2,155kg、全備重量:3,150kg、エンジン:中島 栄21型、離昇出力:1,130hp、最大速度:565km/h(高度6,000m)、武装:13mm機銃×1、20mm機関砲×2+13mm機銃×2

re_side_cyu.gif
※別途送料・手数料がかかります。
キットと工具・塗料セット

太平洋職争の全期間を通して活摺した戦闘機

re_zerosen_021.jpg

零戦21型について

零式艦上戦闘機、通称零戦(ゼロセン)は、太平洋職争の全期間を通して活摺した、まさに日本の命運を担っていた戦闘機でした。昭和12年の海軍当局の計画要求に基づき、三菱航空機は、堀越二郎技師を設計主務として総力をあげて取りくみ、住友の超々ジュラルミン材の大幅採用や徹底した重量軽減策、流線型落下増槽の採用等により、当局の高い要求に見事に答えたのです。初飛行は昭和14年4月、翌年、零式艦上戦闘機11型と命名され、制式採用となりました。21型は、空母上での取り扱いを考慮して、主翼端を折りたためるように改良した型式です。昭和16年12月8日の真珠湾攻撃に始まり、北はアリューシャンから南はニューギニア、東はハワイから西はセイロンに至るまで、太平洋、インド洋を股にかけ、空母機動部隊とともに、あるいは陸上基地を発進して、零戦21型は向かう所敵なしの活躍を続けたのです。21型は三菱、中島両社でおよそ3300機が生産されました。

模型完成サイズ

全長283mm、全幅375mm

re_side_cyu.gif
※別途送料・手数料がかかります。
キットと工具・塗料セット