ニチモ戦艦大和プラモデル - プラモデルならJANBOOの通販ショッピング

【PR】プラモデルはじめるなら、工具と塗料がセットになった週末模型セットがおすすめ!

HOME > 戦艦大和プラモデル

ニチモ 1/200 戦艦大和プラモデル

re_t_yamato-k01.jpg

世界最強の戦艦大和

re_t_yamato-k-09.jpg
戦艦大和は、昭和12年12月に建造が始まり太平洋戦争開戦直後の同16年12月16日に完成し、翌17年2月から連合艦隊旗艦に就任した。続く6月、ミッドウェイ海戦に主力打撃部隊として参加した戦艦大和は、空母機動部隊のはるか後方に位置していたため交戦の機会なく出撃は無為に終わった。数々の革新的な造艦技術を駆使した戦艦大和は、昭和20年4月に沖縄への途上でアメリカ海軍機の攻撃により東シナ海に沈みました。戦艦大和の最大の特徴は、何といっても46cm砲という例のない巨砲を9門も搭載していることでしょう。この砲は機密保持のために94式40cm砲と呼ばれましたが、最大射程41,000mで30,000 mの距離から厚さ43cmの装甲板を貫通できる世界最強の艦砲でした。発射速度は1分につき2発、砲弾の重量は91式徹甲弾で1.4トン。砲身の重量は約166トン、砲塔旋回部の重量は2,265トンもあり、砲身や砲塔を運ぶために樫野(排水量 10,360トン)という専用の輸送艦が建造されています。
.

戦艦大和の特徴を余すことなく再現しているプラスチックモデル組み立てキット。

re_t_yamato-k-10.jpg
戦艦大和の組み立てプラモデルは各社から複数のスケールでラインナップされています。スケール比較図でもわかるとおり、現行で発売されている※戦艦大和のプラモデルは1/200最大スケールです。 ※この比較図はプラスチック組立てキットのみ検証しています。
re_t_yamato-k-12.jpg
戦艦大和の特徴を余すことなく再現しているプラスチックモデル組み立てキット。1/200スケール、全長1315mm、全幅188mm、全高271mm。球状艦首や幅の広い巨大な艦体など、排水量7万トンという大和の存在感や迫力を存分に味わって頂けます。強力な3連装46cm砲を備えた主砲塔や副砲塔、艦橋部の測距儀などは可動します。マストやアンテナなど細部もスケール感たっぷりに再現。

re_t_yamato-k-01.jpgre_t_yamato-k-02.jpgre_t_yamato-k-03.jpgre_t_yamato-k-04.jpgre_t_yamato-k-05.jpg

クリックすると拡大します。

re_t_yamato-k-11.jpg

re_side_cyu.gif
※別途送料・手数料がかかります。
キットのみ

キットと工具・塗料セット